シンガポールGPの日程を紹介します

来年、2019年のF1GPの日程が決まっています。2019年のシーズンは、史上最多の全21戦が予定されており、ヨーロッパがこのうち11レース、アジアが5レース、そして4レースがアメリカ大陸、1レースがオーストリアという内訳の予定です。3月17日の開幕オーストラリアGPでシーズンが始まり、9月22日にシンガポールGPがあり、12月1日のアブダビ戦で膜を下ろす予定になっています。鈴鹿での開催が危ぶまれていましたが、2021年まで契約更新され、10月13日に開催が決定しています。同じくカレンダー落ちが不安視されていたドイツGPも、メルセデスをタイトルスポンサーに迎えて、7月28日にホッケンハイムリンクで開催されることが決まりました。シンガポールGPの詳細を紹介します。

シンガポールGPの日程と開催場所

来年の2019年は全21レース開催が決定しています。2018年のレースと同様で、同じ開催国で、開催順も代わりがないです。来年は、日本、ドイツ、イタリアのいずれかの開催が危ぶまれていましたが、予定ではちゃんと開催されます。シンガポールGPは、2008年から開催されていて、2018年で10周年を迎え、今年も開催が決定しています。日程は2019年の9月22日にマリーナ・ベイ・サーキットで開催されます。平均時速の低いコースですが、毎年白熱するGPのひとつです。今年の2018年は、唯一のナイトレースだったので、来年2019年も同じ様なシチュエーションになると予想します。1500以上のライトに照らされて、シンガポールの中心部を駆け抜ける姿に圧倒されること間違いないです。

シンガポールGPを観戦するなら観光も

シンガポールには、マカオやカジノなどの観光名所や名物があるので、せっかくシンガポールGPに行くなら、観光もセットになったツアーがオススメです。シンガポールGPは、地元のみならず様々な国や地域の方が観戦するので、ホテルも早くに満室となることがあり、金額も通常の2倍や3倍にあがります。また、公道が封鎖してしまうので観光しようと行ってもできないので、不便に感じることも多いのが現状です。しかし、ツアーに申し込めばサーキットを見下ろせるホテルが予約できたり、観光もゆっくりできるのでオススメです。そして、入手困難な入場券もプランの中に組み込まれているので便利です。料金も、ツアーのパックで申し込むと、普通にホテルをとったりチケットを買うよりもお得です。また、ホテルをとったりチケットを取ったりする手間も減るので、気軽に楽しめます。

将来(数年先)はリピーター割引なども実施する予定です。 F1レースごとに、お客様の好きなスタンド席の観戦券を手配いたしますので、存分にレースが堪能出来ます。 航空券はお客様自身でもご準備が可能です。 日本全国からツアーの申し込みを承っております。 将来的に、他のスポーツコンテンツも取り扱った観光ツアーも手配してまいります。 シンガポールGPはWSTで観戦ツアーに参戦しよう!